カードローン・キャッシングのまとめ圧縮術を活用し住宅ローンを通す方法

主婦 女性 電卓 びっくり

この記事は次のような人に向いています:キャッシング中の方・カードローンを利用中の方

キャッシング・カードローンの利用は住宅ローンでは大きなマイナス要素

キャッシング・カードローンを借りているという事実だけで、ほぼお断りになってしまう銀行が一定数存在します。

銀行目線ではキャッシング・カードローンを利用する人をどう思っているのでしょうか?

お金にルーズな人?

資金用途は自由ですから、”ギャンブル・お酒・贅沢”等で使っているかもしれません。

手持ち資金が無いから借りるというのは間違いありませんから、”お金を貯められない人”かな。

どちらにせよ、良い印象ではないのは確かです。

対策としては、なるべくカードローン・キャッシングを厳しく見ないところに申込みしましょう。

具体的にはフラット・労働金庫(ろうきん)・JAバンク・全国保証を利用している地方銀行や信用金庫等。

ここら辺はカードローン・キャッシングをしていても審査の土台に乗りやすいですから大丈夫です。

すばる

諦めちゃダメ

住宅ローン審査の返済負担率で壁に当たる

返済負担率(=返済比率)とは?

→年収のうち、毎年のローン支払いが何パーセントを占めているかを示すもの。

※住宅ローンだけでなく、自動車ローン・カードローン・キャッシング・クレジットカードのリボ払い・携帯電話の本体代金の分割支払い等も含みます。

キャッシング・カードローンを利用中の方は返済負担率が悪化しますので、希望の借入金額に満たないパターンが結構あります。

例を挙げてみます。

埼玉りそな銀行では返済負担率35%までなので、年収500万円の人は

年収500万円×35%=年175万円

毎月ですと175万円÷12か月=14.6万円

つまり毎月支払い14.6万円までが借入金額のMAXになります。

随分余裕あるように思えますよね?

でも、毎月の車のローンが3万円、カードローンで2万円、クレジットカードのリボ払いで1万円払っているとします。

そうすると14.6万円-(3万円+2万円+1万円)=8.6万円

毎月の住宅ローン支払いは8.6万円がMAXになってしまいます。

しかも、審査金利という厳しい高金利でのシミュレーションを受けます。

埼玉りそな銀行の場合、3.3%の審査金利でシミュレーションします。(2020年1月現在)

結果として、実際に借りられる金額は2,100万円程度になってしまいます。

こういう理由で、他にローンがある人は借りられる金額が買いたい物件に届かないんです。

みみ

どうしたら良いのかな、解決策はないのかにゃあ。

ポイントと注意点は1つ。住宅ローン申込み先でカードローンを組み、年間支払い額を減らすこと。

住宅ローンの取り扱いをしている銀行は、多くの場合カードローンも取り扱いをしています。

なので、「住宅ローンと一緒にカードローンも借り換えしたい」と申込みするのです。

住宅ローンとカードローン・キャッシングをまとめて申請します。

重要ポイントは、カードローンの年間支払い金額を可能な限り減らすこと。
つまり、出来るだけ長い返済期間を希望します。

すばる

そんなことできるんだ!

今まで月3万円払っているのなら、月1万円にするなど年間の支払いを圧縮することです。

毎月の支払いが2万円抑えられれば年間24万円、35年で考えたら840万円も支払い余力が生まれます。

実際は審査金利も考慮するので、借入金額は840万円まで増えません。でも、それに近いくらい増えます。

こうすることで返済負担率の割合が改善され、住宅ローン借入ができるようになるケースがあります。

単独で金利が安く、返済期間を伸ばすことで住宅ローンを組みやすくすることも可能ですが、実務経験上はオススメしません。

カードローン・キャッシングは住宅ローンの申込み直前で契約していると、大きくマイナス評価を喰らうためです。

実際は住宅ローンの専門家や金融機関の担当者に任せてしまった方が良いケースが多いため、相談前の準備としては自身の借入状況を整理するだけでOKです。

そのために下記の記事のように信用情報をチェックしましょう。

シェルティー コリー 犬 子犬 信用情報を自分で開示するのは5分で出来る!確認にCICがオススメな理由。 猫 お座り  個人信用情報が5分でわかる。住宅ローンと異動(ブラック)の関係は?

銀行が扱うカードローンは、金利だけでなく返済期間や返済方法も異なります。

さらに言えば、住宅ローン借入する人限定特別優遇する銀行もあります。

あなたの状況にベストな物が見つかることもあるので、変に先走って自分で借り換えをしないようにしましょう。

※プロに任せた方が得策です。

まとめ

今回は”カードローン・キャッシングのまとめ圧縮術を活用し住宅ローンを通す方法”というテーマで解説しました。

別の手として、カードローン・キャッシングも住宅ローンと一緒にまとめ借りするということも極わずかの金融機関で可能です。

自動車ローンも同様。

それについての関連記事はこちらですね。

白い犬 笑う 住宅ローンとカードローン・キャッシングを合法的にまとめ借りする唯一の方法。 万歳して寝る猫 住宅ローンと自動車ローン(マイカーローン)を合法的にまとめる唯一の方法。

埼玉県久喜市の不動産屋さん スマイルホームが不動産の質問・相談に答えます!