あなたにピッタリな毎月の支払い額は?10分で出来る資金計画(印刷用)

コスト 支払い

ここは下記の記事の印刷用ページです。

印刷して手書きしていき、家探し予算を決めていきましょう!

おチビちゃん 子猫 毛布 家探し前に10分で出来る資金計画。ぴったりな毎月の支払い額とは?わかりやすく解説。

① 今お住まいの毎月の住居費 

※更新料は月割りで書いてください。2年に1度10万円なら100,000円÷24か月=4,100円
※家賃には共益費・管理費を含めます

家賃=      円/契約更新料=      円/駐車場代=     円

火災保険料=          円

以上の合計=          円

② 今の毎月の貯金額(家を買う前の家計)

毎月の貯金額=         円

※1年でいくら貯金できているか把握したら、それを12で割ります。それを書いてください。

→50万円なら50万円÷12か月=約4万円です。

①と②を足したものが、毎月の住宅ローン返済額の上限を意味します。

しかし、その通りにローンを組むと借金が支払い能力を超えてしまい破産します。

なので次の項目を埋めていきましょう。

③マイホーム取得後のメンテナンス・維持費用

毎月の金額を書いていきます。

例)固定資産税・都市計画税が12万円なら12万円÷12か月=1万円と記入します。

毎月の管理費・修繕積立金(マンションのみ)=            円

毎年払う固定資産税・都市計画税=                           円

10~20年に1度の外壁・防水・屋根塗装費用=             円

5~10年に1度の支払いの火災保険・地震保険料=           円

5年に1度のシロアリ駆除費用=                    円

以上の合計=                                          円

※負担が大きい物の順番に並べています。

④ マイホーム取得後に継続して貯めていく資金

教育資金=             円

老後資金=             円

その他の貯金=           円

以上の合計金額=          円

※教育・老後資金はわずかでも良いので専用の貯金枠を用意します。年齢を考慮して、早急に貯める必要のある方は額を増やして考えます。

教育資金と老後資金がわからなければ、書かなくてもOKです。

その他の貯金は自動車買い替えとか、旅行とか繰り上げ返済に使うお金です。

自分の手取りから合計で毎月いくら貯めれば安心かを考えて、とにかく合計金額だけでも書きましょう。

ここの合計金額を420倍すると、35年後のローン完済時までに貯めるお金がわかります。

6万円なら6万円×420カ月(=35年)=2,520万円です。

この範囲で繰り上げ返済はもちろん、教育資金・老後資金・旅行費用・マイカー費用など大きい出費を捻出するイメージですね。

⑤あなたにピッタリの毎月のローン返済額が判明

① 今お住まいの住居費

+(足す)

② 今の毎月の貯金額(家を買う前の家計

-(引く)

③マイホーム取得後のメンテナンス・維持費用

-(引く)

④ マイホーム取得後に継続して貯めていく資金

あなたにピッタリの毎月ローン返済額_____________円